農産物のコールドチェーン

農産物のコールドチェーン

独自のコールドチェーンで新鮮な野菜・果物を食卓までお届けします

青果物の多くは、夏は高温、冬は低温にさらされ食卓に並ぶ頃には疲れ切っています。
当社では畑から食卓までコールドチェーン(低温流通)で繋ぎ、野菜・果物を元気なまま消費者の皆様のお届けします。

コールドチェーンとは?

畑で収穫された青果物を低温(定温)のまま消費地まで運ぶ輸送システムのことです。現在の流通は産地で低温処理されたものでも流通過程で常温にさらされることが多く、鮮度を保ったまま食卓まで運ぶことができていませんが、当社で独自のネットワークで鮮度を保ったままの流通網を構築しました。

量販店や外食産業への納品はリードタイムや納品時間の指定があり産地の大きな悩みとなっています。アースコーポレーションでは365日、24時間態勢で産地の皆さんに代わって納品業務を行います。

当社の物流業務をご利用ください。